Androidエミュレーター

【VT有効】Androidエミュレータが重い場合に5倍~10倍速くする方法

※この記事にはPRを含んでいます

AndroidエミュレータをPCで利用するのに、VTを有効にすることで速度が5倍以上速くなります。スマホゲームをPCで遊ぶのに「重いな?遅いな?ラグいな?」っと思ったら、ぜひPCのVTを有効にしてみてください。

VT有効とは?(バーチャライゼーション)

VTとは仮想化支援技術のことで、元々インテルの技術です。仮想スマホの動作に必要なリソースの確保をハードウェアのレベルで行うことができる技術で、インテルのCPU、ADMのCPUで利用できることがほとんどです。たぶんあなたのPCにも、この技術が搭載されていますので、仮想スマホが重いと思ったらぜひ有効にしてみましょう。

合わせて読む

おすすめAndroidエミュレータ 比較
スマホゲームがWindows PCで遊べるスマホエミュレータ

 

バーチャライゼーション(VT)を有効にする方法

Windowsパソコンでこれを有効にするには、BIOS画面というWindwsではないPCの設定画面を表示する必要があります。難しそうですが結構簡単なのでぜひやってみて欲しい。

バーチャライゼーション(VT)を有効にする設定方法は、PCによって少し異なるのでアナタが使っているPCはどれに当てはまるか見てみましょう。

BIOS画面の表示方法

Androidエミュレータを速くするためにパソコンのBIOS画面からバーチャライゼーション(VT)を有効にする必要があります。

VT有効までの流れ

  1. パソコンの電源を入れる
  2. PC起動と同時に特定のキーを押し続ける
  3. BIOS画面が表示される
  4. アドバンスモードに切り替える
  5. バーチャライゼーション(VT)を有効にする
  6. パソコンを再起動

まずはパソコンでBIOS画面を表示しましょう!

BIOS画面を表示する一般的な方法

パソコンを起動する時に特定のキーを押し続けることでBIOS画面が表示されます。の種類やマザーボードのメーカーによってそれぞれ違います。

メーカー別
起動時に押すキー パソコンメーカー
F12 Dell製、Lenovo製、東芝製、富士通製
F10 HP製
F8 ASUS製
F2 SONY製、Acer製、NEC製、Panasonic製
BTO(自作)の場合
起動時に押すキー マザボメーカー
Delete GIGABYTE、MSI、ASUS
F2 Intel、ASRock

お持ちのパソコンに合わせてパソコンを起動と同時にキーを押してみてください。
10秒~20秒程度でBIOS画面が表示されます。

Windwsが立ち上がってしまう場合は、キーを間違えている可能性が高いです。他のキーで数回試してみてください。

BIOS画面はメーカーによっていろいろあり、CPUもインテルとAMDではVT有効設定も多少異なります。

BIOSからの流れ

  1. アドバンスモード(Advanced Mode)にする
  2. CPUの設定(CPU Configuration)に移動
  3. Intel Virtualization Technologyを有効にする(Enabledにする)
  4. 退出(終了)を押して「変更を保存してリセット」する
  5. 再起動してWindowsが立ち上がります

作業の流れはこんな感じ。5分くらいで終わります。

※メーカーや機種によって、見た目はボタン位置が変わります。

 

アドバンスモード(Advanced Mode)にする

僕はASUSのマザーボードを使っているので、ASUSのBIOS画面が表示されます。キーはDELキーでした。

まずはアドバンスモードにします。

右上にアドバンスモードがあったのでクリックします。
僕の場合は日本語でしたが、英語の場合もあります。

アドバンスモードを選択して切り替えます。

これでBIOSのアドバンスモードになりました。

CPUの設定(CPU Configuration)に移動

僕の場合は「詳細」の中に「CPUの設定」がありました。英語の場合も「CPU Configuration」と書かれていますのでわかります。

 

Intel Virtualization Technologyを有効にする(Enabledにする)

「CPUの設定」に移動したら、いくつか項目が出てきますので、下の方を見ると「Intel VT(Intel Virtualization Technology)」という項目がありました。
※お使いのPCのCPUがインテルじゃなくてADMの場合は「SVM Mode」が「Intel VT」と同じシステムです。ADMの場合は「SVM Mode」を「有効(Enabled)」にしてください。

有効(Enabled)にしてください。

有効にしたら右上の「退出」をクリックします。
※退出や終了、保存など表示はメーカーによってそれぞれ違います。

退出(終了)を押して「変更を保存してリセット」する

「変更を保存しリセット」をクリックしてください。この時のリセットとは再起動の意味です。

再起動してWindowsが立ち上がります

パソコンが再起動されて、Windowsが自動的に立ち上がってきます。

これでVTを有効になりましたので、Androidエミュレータを起動すれば、速度が5倍以上速くなっているはずです。この設定をすることで、パソコンに他の影響は、ほぼないので安心してください。




※この記事にはPRを含んでいます
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あすみ君

「Androidエミュレータ専門家」のあすみ君です。また「スマホゲームアプリ専門家」でもあります。スマホゲームアプリをぜひWindows PCで遊んでみましょう!

-Androidエミュレーター
-

© 2024 ジャンクライフ