ゲーミングモニター

アーキスモニター「AS-MC34MWQ165A」レビュー!34インチ曲面3440×1440の解像度で最高クラス

※この記事にはPRを含んでいます

ARCHISS(アーキス) 34インチ UWQHD 曲面モニター「AS-MC34MWQ165A」レビュー。最近のPC環境では画面の広さと解像度、画質は非常に重要です。このアーキス 34インチUWQHD曲面モニター「AS-MC34MWQ165A」は、この点で最高クラスのスペックを備えています。

このレビュー記事では、その鮮明な画質、曲面デザインによる没入感、そして現在のゲーム環境がどう良くなるのか?ゲーマーからプロフェッショナルまで、このモニターでどのような違いを感じることができるのか、レビューしていきます。

ARCHISS(アーキス)のモニターについて

今回レビューする34インチ UWQHD 曲面モニター「AS-MC34MWQ165A」は、株式会社アーキサイトの自社ブランド「ARCHISS(アーキス)」の製品です。

この「ARCHISS(アーキス)」では、多くのユーザーを虜にした「ARCHISS キーボード」という製品があります。この「ARCHISS キーボード」は非常に高品質でクオリティの高い製品です。

そのARCHISS(アーキス)が新しく販売開始したのが、この34インチ UWQHD 曲面モニター「AS-MC34MWQ165A」なんです。

間違いなく最高クラスのモニターになっていますので、直接体験して、自分の目で確かめてみたいと思います。

関連

ARCHISS(アーキス) 公式
https://archisite.co.jp/products/archiss/

「AS-MC34MWQ165A」モニター概要とスペック

「AS-MC34MWQ165A」概要

型番 AS-MC34MWQ165A
画面サイズ 34インチ
パネル表面処理 非光沢(アンチグレア)
パネル・タイプ VA
バックライト Mini LED
最大解像度 3440×1440(UWQHD)
アスペクト比 21:9
色域(標準値) RGB 99% / DCI-P3 94%(±2)/ Adobe RGB 94%(±2)/ NTSC 100%
視野角(水平 / 垂直) 178° / 178°
曲率 R1500
コントラスト比(標準値) 3000:1
最大輝度(標準値) 450nit
応答速度 1ms [GTG]
リフレッシュレート(最大解像度時) HDMI:100Hz, DisplayPort:165Hz, USB-C:165Hz
映像入力端子 HDMI x2, DisplayPort(Ver1.4)x1, USB-C x1
USBポート [アップストリーム]
USB-Cポート(USB3.2 Gen1)x1
USB3.0-Bポート(USB3.2 Gen1)x1 [ダウンストリーム]
アップストリーム接続がUSB-Cポートの場合:USB-Aポート(USB2.0) x2
アップストリーム接続がUSB3.0-Bポートの場合:USB-Aポート(USB3.2 Gen1) x2
音声入出力 音声入力:マイク入力(ヘッドホン端子)
音声出力:ステレオミニジャック φ3.5mm(3極), ヘッドホン端子:ステレオミニジャック φ3.5mm(4極 CTIA)
スピーカー出力:5Wx2 + 10Wx1(2.1ch)
筐体仕様 チルト(-5.0° ~ +20°(±2.0°))、スイベル(-20°~+20(±2.0°))、高さ調節(120mm(±5.0mm))、VESAマウント規格(100 x 100mm)、OSD操作ボタン(ジョイスティックタイプ)
外形寸法(W×D×H) スタンド付き:806.1 x 562.5 x 303.9 mm, スタンド無し:806.1 x 394.3 x 128.3 mm
重量 スタンド付き:8.4 kg, スタンド無し:6.2 kg
消費電力 標準時:65W, 最大時:270W, 省電力 / スリープモード時:0.5W以下, 電源OFF時:0.3W以下

 

「AS-MC34MWQ165A」主な特徴

ゲーミングデバイス専門家
3440×1440(UWQHD)という大画面で、リフレッシュレートも165Hzという高スペック。重要な特徴を見て見ましょう。

「横長画面+3440×1440高解像度」

一般的なPCモニターフルHDの約2.4倍の広さ。複数のウィンドウやアプリケーションを同時に開いて作業することも、まったくストレスにならない広さです。ゲームなら広い視野角と高い解像度で最高の環境といえます。

ミニLEDバックライトとローカルディミング

液晶のバックライトは通常のLEDの代わりに小さい2304個のミニLEDをバックライトに使っています。このミニLEDのモニターは通常の液晶や高価な有機ELのモニターを圧倒するほど発色も良く、コントラストも素晴らしいいのが特徴。

光量の調整をきめ細かくできるので、有機ELに負けないくらいの、白と黒の明暗も素晴らしいことで評価されています。

またローカルディミングは表示されている映像の内容によってコントラストを変える技術で、暗い部分はより黒く、明るさも表示内容によって調節する技術。この技術がさらに映像をきれいにしてくれます。

曲面の臨場感と没入感

このARCHISS(アーキス)「AS-MC34MWQ165A」モニターはVAパネルを採用しているのですが、VAパネルのデメリットとして、視野角の狭さや、見る角度によってコントラストの違いなどがあります。ですが大画面でありながら、1500Rに湾曲しているため画面の中央から端まで遜色なくきれいに見えます。

また目の前一面が大画面で臨場感と没入感も最高ですね。

165Hzのリフレッシュレート

この大画面で165Hzのリフレッシュレートです。165Hzの表示回数があれば、反応速度が要求されるゲーム、APEX、CoD、フォートナイトなど圧倒的に有利になります。また目の疲れも減少し長時間のプレイでも集中できることもわかっています。

HDMI接続時は最大100Hzのリフレッシュレートとなっていますので、PS5などの場合は60Hzでの出力となりますが、解像度は1440pと高解像度で遊べます。

最大15Wのワイヤレス充電

スマホなどが充電できる!最大15Wのワイヤレス充電機能がモニタースタンドに埋め込まれている。30インチ以上のモニターの場合モニタースタンドの台座の部分が大きくなることがほとんどですが、結構じゃまになることもある。しかしこんな使い方があるとは!?ものすごく便利な機能です。

PS5で1440pに対応

PS5自体はワイドモニター(横長のモニター)に対応していないので、表示は16:9の表示になりますが、解像度は1440pに対応していますのでものすごくきれいです。またHDMI接続は100Hzまでの対応なので、PS5は60Hzになります。

 

その他の特徴

輝度ピーク値1000nit
ピーク輝度が1000nitは相当に明るい。この明るさを表現できるので、HDRモードではかなりメリハリのあるコントラストで楽しめる。

PIP/PBPで2つの映像を表示
画面が大きいので、デュアルモニターのように一画面で二つの映像出力を表示できる機能です。PC2台分の画面を1画面で表示することもできます。

USB-Cポート
このUSB-Cポートを使えば、ノートパソコンなどの映像出力方式(DisplayPort Alt Mode)でデュアルモニターとすることができます。またPDに対応していますので、165Hz映像出力+USB PD充電も可能なんです。

2.1chスピーカー
最近ではスピーカが付かないモニターも多いのですが、「AS-MC34MWQ165A」は前面に高音質な2.1chスピーカーが付いていますので、外付けのスピーカーは用意しなくてもOK!

おすすめ記事

PS5の実力が発揮できるモニター紹介&PS5のAPEXでで最強のモニターなど紹介!
【最新】PS5でおすすめのゲーミングモニター20選「APEXに強い4K/WQHD/120Hz」

 

「AS-MC34MWQ165A」ゲーミングモニターの性能レビュー

早速モニターに電源を入れて画面を付けてみた感想ですが、めちゃくちゃキレイで、画面も広い!

画質は最高クラスで、画面がものすごく明かるい。さすがアーキスさんクオリティが高い。

ゲーミングデバイス専門家
ということで「AS-MC34MWQ165A」の特徴を詳しくレビューしていきます。

横長画面と高解像度

僕は1日10時間~12時間ほどPC作業をしています。今まで32インチなどの大きいモニターも何度も使っていますが、初めて横長モニターでした。

このARCHISS(アーキス)34インチ UWQHD 曲面モニター「AS-MC34MWQ165A」は画面に複数のウインドウを並べて作業するのも、とても効率よく作業できる。フルHDの約2.4倍の作業領域はマジで使える。

普段はデュアルモニターで作業していますが、まったくの別物ですね。こんなに快適になるなら、もっと早く使っていればよかったと思いました。

ミニLEDバックライト

2304個のミニLEDバックライトが搭載されている「AS-MC34MWQ165A」は、とにかく画質がきれい。コントラストも素晴らしい。

ミニLEDバックライトは、細かな明るさ調節ができることが大きなメリットで、動画やゲームなどではさらに大きな効果が発揮されます。ぜひ体感してみてほしい。

曲面の見やすさ

最初は目が疲れるんじゃないかと少し心配していたんだけど、こんなに大きな画面なのに、そのサイズに反して全く疲れない。画面全体が驚くほどクリアでかなり見やすくて、首を動かさなくても左右の端まで目だけで十分に認識できる。

またコントラストや色合いも、どこを見てもきれいだし気になる点は一切ありません。とても良いモニターだ。

おすすめ記事

Xbox Series X/S向けのHDMI規格やおすすめゲーミングモニターを紹介しています!
【最新】Xbox Series X/S おすすめゲーミングモニター10選

 

PCゲームでモニター「AS-MC34MWQ165A」の実力レビュー

10万円を切る値段で、このサイズのモニターをいくつか見てきましたが、ほとんどのモニターが鮮明さがあまりなく、ぼやけて表示されることが多い。しかし、この「AS-MC34MWQ165A」はとても明るく鮮明でキレイだ!

早速PCゲームでレビューしてみます。

『CoD:MW3』でプレイレビュー

『CoD:MW3』は、かなりのグラフィック負荷がかかるゲームですが、どこまできれいに見れるのか!?

そして『CoD:MW3』はアスペクト比がワイドタイプ21:9に対応しているので設定してみます。

「設定」→「グラフィック」→「アスペクト比」→「ワイド21:9」に設定してみます。

これで設定完了です。早速プレイしてみます。

横長画面+3440×1440

『CoD:MW3』はアスペクト比を「ワイド21:9」に設定すると通常の「16:9」では見れない赤枠の部分が見れるようになります。

この部分が見えるのはかなり戦績にかかわってきそうですね。

見てください!めちゃくちゃ左右に広いです!

曲面モニターなので、鮮明で美しい画質と大画面に映し出される映像が臨場感と没入感を見事に引き立てています。

そして、スピーカーの迫力も十分で、臨場感もすごい!

165Hzでヌルヌル

そして165Hzのリフレッシュレートは鮮明な描写がヌルヌル動きます。僕のゲーミングPCでは165Hzに張り付くことはできませんでしたが横長画面+3440×1440でも、かなり気持ちよくスムーズな動きです。

 

PS5でモニター「AS-MC34MWQ165A」の実力レビュー

続いて「AS-MC34MWQ165A」をHDMIで、PS5をつないで立ち上げてみました。OSDの映像入力の切り替えがとても速くてスムーズですね、こういうところが結構大事なんですよね。

PS5が立ち上がりました。早速PS5の映像出力を「AS-MC34MWQ165A」に合わせてみます。

PS5の設定メニューから「スクリーンとビデオ」を選択して

「解像度」を1440pに設定します。
初期設定時は映像の出力テストが行われるので指示に従って進みます。

全てのテストが完了すると「2560x1440-60Hz」の1440p(WQHD)での表示に変わりました。

PS5は横長のワイドタイプには対応していないので、表示は1440pの60Hzまでです。

それでも、ものすごくきれいです。今までPS5で多くのモニターを使いましたが、間違いなく最高クラスです。

少し残念なのはHDMI接続で120Hzの映像出力が出せないんですよね、ただ1440pで60Hz出ていますので、ほとんどのゲームは最高画質で楽しめます。

画像ではわかりにくいかもしれませんが、画質はものすごく良い!ワイドで表示はできないけど、臨場感と没入感はとても良く、あっという間に3時間ほどプレイしていました。

PS5でもスピーカーは満足した音が出ています。PC5のTempest 3Dオーディオにも対応できていますので、2.1chではありますが音の位置は正確にわかります。

また4K対応のゲームでもフルHDではなく、1440pで見れるのでとても高画質な映像になります。発色もよくコントラストもとても良いので、ぜひ試してみてほしい。

 

PIP/PBPでPS5をやりながらPCで配信できるか?

PIP/PBPの機能は一つの画面で、二つの映像入力を実現できる仕組みです。

なので、さっそく1画面でPS5で遊びながら、PC画面を小窓に出して、OBSでゲーム配信ができるか試してみます。

HDMIにPS5、DisplayPort(DP)にPCを接続してOSDで「PIPモード」を実行してみました。

画面がこちら↓

良い感じにできるかなと思ったのですが、PS5の画面がどうやっても横に伸びた映像になってしまいます。色々試してみたのですがPS5では無理でした。残念。まあ、こんなレアな使い方する人はあまりいないと思いますが...

もちろんノートPCとデスクトップPCを同時に表示させたり、MacbookとPCを表示させたりすることはできます。

PS5はワイドタイプに対応していなかったので無理でした。

 

PCで動画編集作業のレビュー

普段PC作業の中で多いのが動画編集作業なんですが、動画編集って小さい画面だとすごく大変なんですよね。そこで「AS-MC34MWQ165A」を使って「Adobe Premiere Pro」で編集作業をしてみました。

作業効率が桁違いに向上するぞ!

タイムラインを横に長く表示できるのと、解像度が高いので画面の中に多くの情報を表示できるので、とても便利。

こんな大きな画面でも、思ったより全然疲れないんだよね。めちゃくちゃクリアで見やすくて、首動かさずに目だけでスッと端から端まで見渡せる。

動画の編集者の方もぜひ利用してみてほしい。

 

「AS-MC34MWQ165A」開封と組付け

ドドーン!かなり大きな段ボールで到着しました。梱包は日本クオリティで完璧です。

「AS-MC34MWQ165A」同梱物

同梱物はこんな感じですが、取扱説明書などは公式サイトからPDFでダウンロードできます。

こちらがスタンドの台座になります。大型のモニターなので台座も大きいけど、そこをうまく活用されていて、ワイヤレス充電が内蔵されている台座になんですよね。素晴らしい!

こちらがスタンドのネック部分。デザインもかなり良い。

DisplayPort(DP)ケーブル。ちょっと短め。

電源アダプタは大きめですが、最近ではこのサイズなら標準的な大きさ。電源ケーブル。

USBケーブルです。B to Aのタイプです。

VESA規格対応マウンターを取り付けるときに使えるスペーサー。
モニターアームなど付属スタンド以外の製品を利用するときに必要な場合があります。

「AS-MC34MWQ165A」組付けレビュー

最近定番になっていますが、まずはスタンドを最初に組み付けます。

ネック部分と台座をはめ込みます。

裏面からネジを手で絞めていきます。簡単です。

スタンドができました!カッコイイ。

次にこの状態でモニターを準備して、組付けたスタンドを「パチッ!」とはめ込みます。

あとはスタンドをグイっと持ち上げて起こし上げたら完成です!
※スタンドは丈夫なので一番安全な組付け方法になります。

デカい!そしてキレイ。

とても魅力的でおしゃれなデザインでかっこいい。

 

モニター「AS-MC34MWQ165A」のデザインと機能レビュー

早速ゲーミングデスクにセッティングしてみました。

各部品の品質は高いです。

スピーカー部分もしっかりしています。

曲面の湾曲もとてもキレイで良いですね!

無駄なデザインはなくシンプルで高級感があります。

曲面の全体像は感じはこんな感じ。

背面のデザインもシンプルだけどカッコよく、赤色がキーポイント色になっていますね。

ちなみにARCHISS(アーキス)のロゴも赤がキーポイントになっていますね。

自分のゲーム部屋はカラーが白なので、実はぴったりなんですよね。

背面のネック部分にはヘッドホンスタンドが付属しています。

ヘッドホンをひっかけるとこんな感じ。普段はヘッドホンスタンドにかけているのですが、結構邪魔になるんですよね。

モニターの背面は意外に使いやすいかもしれません。他社でも同じような仕様はありますが、ワイヤレスヘッドホンなら、そのまま裏面のUSBで充電もできちゃいます。

裏面から見てもきれいに湾曲しています。

とてもシンプルなアルミ製の配線の取り回しができるフック。

配線するとこんな感じです。このくらいのフックだから、ケーブルの抜き差しや取り回しがとても楽ですね。オシャレだし。

前面には薄っすら「ARCHISS」のロゴがデザインされています。

デザインはシンプルで高級感のあるモニターです。

「AS-MC34MWQ165A」可動部の機能性

スイベル機能も抜群でかなり安定しています。
-左20°~+右20(±2.0°)

チルト機能もばっちりです。
下5.0°(±2.0°) ~ 上20°(±2.0°)

高さの調整も手で簡単に動かせて女性でも簡単です。
可動量120mm(±5.0mm)

「AS-MC34MWQ165A」スイッチ

OSDジョイスティックがモニター下についていて、スイッチ類はこれだけです。

「AS-MC34MWQ165A」台座にワイヤレス充電搭載

これがワイヤレス充電ができる台座ですが、めちゃくちゃ便利!

普段はANKER製のワイヤレス充電器をデスクの上に置いているのですが、配線も邪魔だし移動もしにくいので、気になってたんですよね。

これ本当に便利すぎて最高です!

「AS-MC34MWQ165A」モニター背面にLED搭載

デザインが良いんですよね!LEDってセンスが大事なんですけど、シンプルできれいでオシャレです。

ledカラーの設定はできないのか調べてみたら、OSDから設定できる!

「ゲーム設定」の中に「アンビエント照明」という項目でいくつかのパターンで変更できます。
さすがですね。

 

間違いなく最高クラスのモニター「AS-MC34MWQ165A」

ARCHISS(アーキス) 34インチ UWQHD 曲面モニター「AS-MC34MWQ165A」をレビューしてきましたが、まずこのモニターは間違いなく最高クラスのモニターです。

この記事を書くにあったって、2週間ほどリアルに使ってみた感想です。

特にPCゲーマーやデザイナーや動画クリエイターにはおすすめです。

圧倒的な3440×1440(UWQHD)の高解像度でPCゲーマーなら多くのゲームの視野が広がる。新しいゲーム体験ができる。そして曲面モニターの没入感は素晴らしい。

そしてデザイナーや動画クリエイターも作業効率が確実に上がる。RGB 99% / Adobe RGB 94%(±2)/ NTSC 100%と色の忠実な再現も抜群だ。モニター画面の作業スペースも大きく取れる。

気になる点もあったのですが、「入力は自動で切り替わらないので、OSDメニュから手動操作になる」「ケーブル類が少し短いかな」「スピーカー音量調整がめんどい」など。

OSD用のリモコンがあると良いなーっと思いました。

でも、今までデュアルモニターを使っていた方や、16:9のモニターを使っていた方には、ぜひ3440×1440(UWQHD)の21:9の「AS-MC34MWQ165A」を試してみてほしい。

そして、この感動を味わってみてほしい。

 

※この記事にはPRを含んでいます
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ジャンクライフ

ゲーミングデバイスを中心とした専門サイト「ジャンクライフ」を運営のゲーミングデバイス専門家。ほぼ毎日PS5/Xbox/Switch/ゲーミングPCなどのデバイスを比較レビューしている。最新ゲーミングデバイスの性能情報はお任せください。

-ゲーミングモニター
-

© 2024 ジャンクライフ